×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

さびつき肩甲骨は肩コリの原因

さびつき肩甲骨は肩コリの原因

現代では多くの女性が働くようになりました。
そして女性の多くはオフィスワークに従事しています。

 

デスクワークの際には同じ姿勢を取り続けることが多いため、肩コリを引き起こします。
働く女性の多くが慢性的な肩コリに悩んでいるのです。
そして、近年の研究により、慢性的な肩コリに悩む女性は肩甲骨の動きが悪いことが分かりました。

 

肩甲骨の働きが悪い事を「さびつき肩甲骨」といいます。
肩甲骨が錆びついたように動きに柔軟性を失う事をさびつき肩甲骨といいます。

 

ここでは、さびつき肩甲骨の対処法を紹介していきます。
肩甲骨は鎖骨と繋がっているだけで、浮いているような形状をした骨です。
本来は可動域が広くふわふわとしており、「天使の羽」などと呼ばれることもあります。

 

しかし、オフィスワーク等によって肩が前にのめり込むような状態が続くことによって肩甲骨の動きが小さくなることによって、本来の可動域を動くことがなくなると、周囲の筋肉が血行不良を起こして動き回る事が困難となります。

 

この状態をさびつき肩甲骨といいます。
もしあなたが
「背中の対角線上で左右の手を組むことが出来ない」
「直角に曲げた両肘をつけて、水平以上の高さに上げることが出来ない」
「まっすぐに立った状態で身体の後ろで手を握り合わせ、握った手を腰骨の高さまで上げることが出来ないまっすぐに立った状態で身体の後ろで手を握り合わせ、握った手を腰骨の高さまで上げることが出来ない」
などに該当するのであれば、さびつき肩甲骨かもしれません。

 

さびつき肩甲骨は肩コリの原因となります。
肩甲骨周辺の筋肉が身体の外側に引っ張られた状態から動くことが難しくなり、血行不良を起こします。

 

そして、この状態のまま筋肉の緊張状態が続くと、筋肉には乳酸が溜まり、痛みを生じます。
これが肩コリ、あるいは背中の痛みの原因なのです。

 

痛みを生じた筋肉は痛みに対して敏感になり、交感神経の働きによって、筋肉内の血管は収縮します。
そのことによってさらなる血行不良を起こし、コリは益々悪化していくのです。

 

悪くなるほど悪くなるという悪循環に陥るのです。
さびつき肩甲骨は、肩や背中のコリのほかにも、体のいたる部分でゆがみを生じ、美容面でもあらゆるトラブルの原因となります。
これらのトラブルを根本的に解決するためには、さびつき肩甲骨を改善するよりほかに方法がないのです。

 

さびつき肩甲骨に対処するためにはいくつか方法がります。
まず、さびついた肩甲骨周辺を温めて、血行を促進する事です。
こうして筋肉を柔らかくし、ほぐして行きます。

 

最も手軽なのはお風呂に入った時です。
シャワーを浴びるだけではなくお湯に使って体全体を温め、温まってきたと思ったら腕を回したり、簡単なストレッチをして血行不良を改善しましょう。

 

コリで痛む部分をカイロなどで温めるのもいいでしょう。
貼り付け式のカイロを使えば、日中でも手軽にケアする事が出来ます。

 

それでは、筋肉をストレッチして血行を促進し、筋肉をほぐす方法を紹介しましょう。
肩甲骨周辺の筋肉を積極的に動かしてあげることで、さびつき肩甲骨を改善する事が出来ます。

 

○椅子に座りながらできるストレッチ
この方法は椅子に座ったまま行う事が出来るストレッチです。
デスクワークの合間に行う事で気分転換にもなるでしょう。

 

椅子に浅く腰かけ、両腕を後ろに回してイスの背もたれをつかんでください。
この体勢を取る事によって肩甲骨が中央に引き寄せられ、可動範囲を広げるトレーニングになります。

 

○休憩タイムにストレッチ
この方法は休憩時間等のちょっとした時間で使う事でさびつき肩甲骨の改善を図る事が出来ます。
@手のひらは正面に向け、両腕を耳の脇まであげます
A手のひらを正面に向けたまま、肘を曲げながらウエストのくびれ部分に引き寄せて行きます

 

この動作を10回繰り返します。
イメージとしては、手のひらと肩甲骨で半年を描くようなイメージです。

 

この他にも、ウォーキングあるいは普通に歩くときに、肘を軽く曲げておき、歩くたびに肘を大きく後ろに引いて腕を振るような歩き方を意識しておくことでも、肩甲骨周辺の筋肉をほぐすことが出来ます。

 

さびつき肩甲骨が解消されれば、心身の不調は改善されて、今よりずっと元気ハツラツとすることができるでしょう。
肩甲骨の可動域が極端に狭かった時には、痛みが生じるため大きな動きをすることに億劫になり、体を動かすこと自体があまり出来ていなかったかもしれません。

 

しかしさびつき肩甲骨が解消されれば、そんな不安も解消されます。
そして体を積極的に動かす楽しさを知ればエネルギーの消費量も増え、ダイエットの役にも立つでしょう。